(コラム)更年期障害

現代女性は過剰なストレスで心身ともにおしつぶされそうになっています。
その影響が更年期障害の若年化、長期化というかたちでわたしたちのからだとこころに変化を起こしています。 更年期を早めない、長引かせないようにするために更年期に関する知識を深めていただき、
当院では更年期ケアをライフスタイルから治療までご提案します。

第2回:更年期を正しく知る

更年期とは「卵巣の老化が始まり、完全にその寿命を迎える」を意味します。
卵巣の老化?
そうです、卵巣の老化です。
お肌の老化がシワやシミ、たるみだとすれば、卵巣の老化は更年期です。
卵巣にはふたつの役割があります。
排卵することと女性ホルモンを分泌することです。ですから、卵巣が老化するということは排卵しなくなり女性ホルモンを分泌しなくなることを意味します。
更年期症状とは女性ホルモンが減少することで出現する心身の症状のことです。
その卵巣の老化(すなわち更年期)が早く始まる現代女性が増えているのです。

心とカラダにあらわれる様々な更年期症状
 顔がほてる(ホットフラッシュ)
 汗をかきやすい
 顔や手足が冷えやすい
 息切れ、動悸がする
 寝付きが悪い、眠りが浅い
 怒りやすい、イライラする
 くよくよしたり、憂うつになる
 頭痛、めまい、吐き気がよくある
 疲れやすい
 肩こり、腰痛、手足の痛みがある